口コミで伝えるのが苦痛な人は、別の方法を考えればいい!

ネットワークビジネスで製品を売ったり、ビジネスメンバーを作る事ばかりに気を取られるあまり、基本的な事を忘れている人が少なくありません。

 

ネットワークビジネスにおいて何が最も大切か、口コミだけの時代には「勇気」だと言われました。

勇気を出して友人知人にドンドン伝えようと。

 

しかしどんなに勇気を振り絞っても、友人に立て続けに断られ、あからさまに嫌な顔をされたりすると、誰しも心が折れそうになると思います。

 

そうして口コミすること自体が段々と不安になってしまったり、ストレスに感じて、知り合いに声をかけるのが嫌になってしまいます。

 

また人脈自体がそう多くないので、新規に人脈を作ると言ってもどうしたら良いかわからないという方も多いと思います。

 

私も以前はそういった悩みを、自分自身も感じた時期がありましたし、自分が何とか克服を出来ても、やはり多くのダウンさんが同じような悩みを抱えるのをどうしてあげることもできないという現実をどうにもできずにいました。

 

しかし時代はどんどん変わっていきます、インターネットを利用し始めるグループが出始めたのです。

初めは一部インターネットを利用しますが、最終的にはやはりセミナーやABCがものをいうという感じでした。

 

しかしいまではインターネットだけで完結できるネットワークビジネスも存在します。

 

私も数年前にそんなネットワークビジネスに出会い、今ではインターネットを利用してビジネスを行っていますので、以前のような勇気は全く必要ありません。

 

興味のある方に、相手からお越しいただくのですから、知り合いに嫌な顔をされるような不安感もありません。

 

しかしインターネットで興味のある人にこちらを見つけてもらうのが大変だと思いますよね?

 

インターネットも情報が氾濫する時代、そんな中で集客を可能にするのは「幸運?」

 

これを「幸運」だけに任せず、出来る限り高い確率で実現できるようにしているのが「顧客獲得プログラム」であり、私たちのサポートシステムです。

 

インターネットでの集客は可能なのですが、ここでちょっとした注意があります。

 

インターネットで相手が見えないのだから、テクニックだけ磨けば集客は可能か?と言えば実際はそうではありません。

 

インターネットのネットワークビジネスにおいて一番大切な事は「売る」「誘う」ではなく、伝えるということです。

 

ネットワークビジネスで中々成功できない人に話を聴くと、ある傾向があります。

① 親しい人に「怪しいものを売っている」と思われたくない。

② 対面セールステクニックを身につけないと、商品は売れない、ビジネスメンバーも勧誘できない。

③ ビジネスをしたいだけなので、自分は製品にあまり興味がない。

 

成功していく人にもある程度の傾向があります。

① 使ってみて素晴らしい製品なので、それをたくさんの人に教えてあげたいと心から思っている。

② 説得や販売のためのテクニックよりも、感動を伝えることを優先している。

③ 製品を愛用し、自分から率先して行動しているので、伝えていて楽しくなる。

④ 楽しいこと、素晴らしいこと、感動を伝えているので、常に楽しくモチベーションが高い。

 

もしネットワークビジネスも所詮物を売るセールスだと思っている方がいるとしたら、今から気持を切り替えましょう。

 

私がいくつか参加してきたネットワークビジネスで、高額所得者には、何人も会って来ました。

 

その中の大半の人は、やはりセールスマンやセールスウーマンではありませんでした、ごく一部、セールスだけがうまくて月収何百万も取っている人がいたのは事実です。

 

しかしそういったテクニックだけど稼いでいた人は組織が崩壊して、2,3年で別のビジネスを始めたり組織自体から追い出されたりしたのも事実として見てきました。

 

一生のうちに一回だけでも月収100万なんて取ってみたい、そう思われる人は、セールスを一生懸命勉強して、トラックに製品を積み込んで、訪問販売したほうが早いかも知れません^^;

 

皆さんは違うと思います、永続的な成功を手に入れたいのなら、コツコツと「伝えて行く」これを忘れないでください。

 

インターネットのネットワークビジネスでも口コミのネットワークビジネスでも基本なのは、製品に対する愛着と思い入れです。

 

製品はただの手段だと思っていたら、もしも今はうまく行っていたとしても、そう遠くない未来に、あなたの組織は崩壊するかも知れません。

 

ネットワークビジネス、口コミしない成功法TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ