インターネットのビジネスの基本は書くことから!

インターネットをメインとしてビジネスを展開する場合に大切なことがあります。

今はインターネットも便利な時代になり、スカイプをはじめとしたコミュニケーションツールがとても良くなり、電話が無くても、インターネットの環境さえあれば、通話料も気にせず話せる時代になりました。

しかしビジネスでインターネットを利用する最大のメリットは無料で話せることだけではありません。

インターネットでネットワークビジネスを展開したときの最大のメリットは、相手に合わせてあなたの時間を差し出すのでは無く、自分の空いた時間を相手に提供するという事です。

口コミで人に会う、電話をかける、スカイプで話す、すべてに共通をするのが、「相手の都合に時間を合わせる」という事です。

しかしメールと言う手段を利用することにより、相手の時間に合わせる事無く、自分の空いた時間を提供するというスタイルが可能になってきます。

もちろんメールの返信を自分の都合で何日もほったらかしていい、と言う訳にはいきません。

しかし会話だとリアルにそこにいないと成立しないものが、午前中のメールに夕方や夜、返信をすれば、ほぼ問題なくコミュニケーションが取れるというのは、ある意味素晴らしい事です。

私が子供の頃は、まだまだインターネットは一般的ではありませんでした、電話が無い家なんていうのも、普通に存在しました。

そうすると通信手段は手紙です、そう考えると、文書によるコミュニケーション、昔は当たり前にやっていたんですよね。

自分の都合の良い時間に出せるメール、1日1通のメールを出せない人と毎日メールを出す人では、やはりビジネスとしての結果は変わって来ます。

メールを継続してコツコツ出せば、1日1通のメールが将来の月収1万円に繋がると言われていますよね。

どんなに短いメールでも、気持ちや状況が伝われば良いというメールもあります。

むしろテクニックよりも、心がこもっている方が、良い場合の方が多いですよね。

書くことが習慣になっているなら、いつもより1通多く書く習慣、毎日メールがかけて居なければ、毎日書く習慣をつけるチャレンジをしていきましょう。

「私三日坊主なんです」と言う方がいるんですが、三日坊主でも大丈夫ですよ、1日2通のメールを3日間出します。

4日目に出せなかったら「よし明日から新たに頑張ろう!」と決意をしてください。

そしてまた三日坊主で終わったら、四日目に決意する。

これを3回繰り返せば、12日で18通のメールが書けます。
1年繰り返せば、500通以上のメールが書けますよ。

メールを書くことにより文章力も上がります。

 

セールスレターやメール、文章は書けば書くほどスキルが上がります。

三日坊主も怖くない、習慣にすることにチャレンジしましょう!

インターネットのビジネスにおいてコミュニケーションは書くことから始まります。

 

ネットワークビジネス、口コミしない成功法TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ