忙しい人ほど結果が出るって本当!?

何事も集中してやらないと効率が悪い!

考えるときも集中して考えなさいなんて言われた事有りませんか?

もしかして、日本人の多くがそういった概念を持って教えているのかも知れませんね。

集中することは良い事だと、私も思います。

しかし、集中することにより、むしろうまく行かないという事もあります。

とても矛盾したことを言っていると思われるかも知れませんね。

でもこれが事実なんです。

例えば、何かを達成したいとか

あるいは、何かのアイデアを考えているとき。

そこに向かって真っすぐに行くことが最短距離だと思ってしまいますが、その考え方自体が間違えです。

実際には、色々なところに寄り道をしたり、時には全く違う事を並行して行う事により

今までと全く違ったことを思いついたり

また自分の向いている方向が間違っていることに気がついたりしながら、目的を達成したり

凄いアイデアが浮かんだりするのです。

時間が無い、忙しい、そういった環境の中では、一つの事に集中をしていても、時間は生まれませんし

そういった行動しかできないと、サラリーマンとしても平均点を取れる程度で人生終わってしまいます。

成功者は物事を並行して考えます。

例えば、仕事をしながら、資料請求者の事も考え、ダウンさんのサポートも気にしながら、メルマガのネタも

考えてる。

時には遊びの事も考えているかも知れません。

一つの事に集中するという事は、閉鎖された空間で仕事をしたり、考えたりしている状態です。

何かアイデアを出そうと、そのことだけに集中をしても煮詰まってしまう事が多いですよね。

恋愛に例えるとわかりやすいかも知れませんね。

誰か一人の人を好きになったとして、その人の事ばかりを考えて、どうやって思いを伝えようなんて集中している

状態で仕事も手につかない状態、これが閉鎖された集中状態です。

恋愛もする、遊びもする、仕事もする、だからこそ色々な事が解決し、そしてそれが恋愛に生きてきたり

します。

仕事も同じです、忙しい人のほうが結果が出たりすることが

結構あります。

それは忙しい人ほど、物事を並行で処理しているからです。

でも注意してくださいね。

私の経験上、並行処理は3つの事までが効果的です、それ以上の事を並行してやるには、それなりの訓練と

期間が必要になってきます。

タップリと時間が有るので、色々考えていたら煮詰まってしまった・・・

そんなときも、とりあえず外に出て散歩しながら考えていたら、アイデアが何て話を聞きますよね

これも散歩という行為と、考えるという行為を並列で行う事により、閉鎖された環境から

外の情報を得られるという環境に移行したことによる効果です。

忙しい人ほど、結果が出る!

それは色々な事を並列で処理していることにより、よりよい発想を生み出したり、時間の使い方が

上手くなったりするからなのです。

 

  ネットワークビジネス、インターネットの成功法TOPへ

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ