line.png

ikaru.pngネットワークビジネスに良いイメージを持っていない人はとても多いですよね。
誰にでも取り組みやすく、大きな可能性を持っているビジネスなのに、どうして悪いイメージを持っている人が多いのでしょうか?

それはネットワークビジネスに取り組む側にも当然問題があったのだと思います。
しかし、ネットワークビジネスに対して何の知識もない人たちが、ネットワークビジネスに似せた怪しいビジネスをもネットワークビジネスと同じだと考えてしまうような報道などにも問題があったのだと思います。

ではネットワークビジネスを否定する人たちは一般的にどんなイメージでネットワークビジネスを見ているのでしょう?

ネットワークビジネスと悪徳マルチ商法とねずみ講は全て同じ
無理な勧誘、しつこい勧誘をする
お金をだまし取られる
友人知人を無くす
初めに参加した一部の人しか儲からない

お聞きするとこういった答えが上位を占めます。
ほとんどのケースが法律に違反する事例に対して当たり前のように嫌なイメージをいただいています。

こんな法律違反ばかりしているのだからネットワークビジネスは怪しいビジネスだと決めつけている人が多いのだと思いますが、それは大きな誤解であることを知っていただくのが大切な事ですね。

ネットワークビジネスは特商法、連鎖販売取引法という法律に基づいて展開しなくていけないという決まりがあります。
これは当然のことであり、法律によって、ビジネスを行う側、そして消費者双方の利益が守られなくていけません。

普通の会社でもそうではないでしょうか?
労働基準法で働く人間の権利は守られ、サービス残業や不当解雇、給料の未払いなどが起きないように、法律で定められています。

しかしその実態はどうでしょうか?
業績が悪化しているので、給料カット、残業しても残業代は支払われず、辞めるように仕向けられ、退職金も支払われない、名前の知れた大手企業なら大問題ですが、零細企業に至ってはほとんどが働く側の泣き寝入り、ニュースになんてなるわけがありません。

しかしネットワークビジネスの場合は、無理な勧誘や違法行為が発覚をすると、行政指導が入り、数週間から数か月間の営業停止処分、するとマスメディアも蜂の巣を突っついたように、ネットワークビジネスが違法行為で営業停止とか逮捕などと大々的に報道をします。

一般の零細企業などに比べて、ネットワークビジネスのほうが、法律に対して敏感でなくてはいけませんし、どんな理由であれ法律を犯せば営業が出来ないのですから、長く営業を続けている企業は、それだけ信頼が厚いと言っても過言では無いですね。

一般の中小零細企業では、業績が悪い、あるいは一部の人間の利益の為に、働く人に理不尽な対応をしても、報道されるどころか、罰則も無く営業を続けている会社は数多く存在することは、あなた自身もご存じではないかと思います。

ネットワークビジネスは法律に対してとても厳しい態度で臨まなくていけないビジネスですから、法律に違反するような理不尽なことが発覚をすれば、すぐに表に出て、とても目立ちます。
ですからネットワークビジネスは法律に対して一般企業以上に気を遣い、誠実はビジネスを目指している人たちの数のほうが圧倒的に多いのです。

どこの世界にも悪いことを考える人はいますが、それだから業界全体がおかしいというのであれば、政治家は全員悪人だというのと同じですよね。

ネットワークビジネスもほとんどの会社は、誠実に法律を順守してビジネスを展開しています、ネットワークビジネスに関しては今では特商法という法律を守って営業されていますので、通常の通販などよりかなり厳しく規制されていますが、それをしっかりと守って営業を続けている健全な会社がほとんどなのです。


こういった数多くの企業のコンプライアンス強化と努力により、特商法がらみの犯罪での検挙は年々減少し、今では利殖勧誘事件の被害や摘発が増加傾向にあるようです。
エビの養殖に投資すれば必ず儲かるとか、元本保証で海外の金採掘事業に投資しませんか?といったような利殖目的の投資を進める事業ですね。

どんな事例でも必ずいえることは、楽をして確実に儲かるビジネスは存在しないという意識をしっかりと持って対応をすれば、あなたが被害者にならずに済むという事です。

ネットワークビジネスは大きな可能性を持っていますが、それを実現できるかどうかは、製品、システム、そして最後はあなた自身にかかっています。

a0023.png
インターネットを利用して、毎月ダウンを獲得する方法!